忍者ブログ
QUELO
ローズベーカリーの胡桃とアマレットのパウンドケーキ。
インスタ映えやフォトジェニックという言葉と真逆に位置する地味極まりないビジュアルのケーキです(笑)
こういう焼きっぱなしの茶色い焼き菓子が大好き(笑)
何処を食べても胡桃がぎっしりで食べ応えがあります。
そしてアマレットの香りがほんのり。
しっとりもっちりみっちりという食感のパウンドケーキです。
美味しいですが、しかしとにかく地味(笑)


PR
ローズベーカリーのキャロットケーキを買って来ましたよ。
シンプルなケーキをバーレイのブラックキャリコが引き立ててくれます。
シナモンが得意では無い私にはどうかなと思いましたが、思ったよりもほのかなスパイスの香りだったので全く問題ありませんでした。
もちもちの生地に人参と胡桃がたっぷり。
そして上のチーズフロスティングが甘塩っぱくて、これは確かに美味しい♪
ケーキ部分だけではそれほどですが、チーズフロスティングと一緒に食べるととても美味しかったです。
甘さがかなり控え目なので、あまりスイーツっぽくは感じ無いですね。
ふわふわでは無くもちもちなので、蒸しパンのような感じでした。
が、しかし、今日は他にも甘いものばかりを食べてしまった為、もう暫くは甘いものは見たくもないというくらいの状態に陥っています……(-_-)
甘いもの好きの私がここまでになるなんて相当です(笑)
会社でもおやつばかり貰って毎日どら焼きを食べていたりしたのがいけなかったのかしら。
アイス10個くらいいけるこの私でもこんなことになるとは。
パフェ、ケーキ、ケーキ、ケーキ、あんパン………さすがにこの年で久しぶりにこれだけ甘いものばかりは胃がもたれますね(笑)


怖い絵展に行って来ました。
だいぶ前に見つけてからずっと楽しみにしていたもので、楽しみが過ぎて思わず初日に行ってしまいました。
案の定凄い人でしたが、思ったよりも展示数も多く、ビアズリーやルドンも見られて大満足です。
もうちょっとじっくり見たかったのですが、何しろ人が多くて絵に近付くまでが大変。
それでもやはり本物の名画を見ると高揚しますね。
しかもその名の通り、ゾワッとくるような妖しげな美しさや不気味さがある絵ばかりなので、余計に興奮してしまいます。
大嫌いな人混みにも負けず、たっぷりと名画を堪能してきました。
やはり美術展は良いですね。
今井さんや櫻井さんも行きそうな美術展ですけどどうかしら。
でもいつも思うのですが、美術展に今井さんや櫻井さんがいても絶対気付かないと思います。
そもそも絵を見に行っているので、まわりにどんな人がいるか意識することが無いのですよね。
知り合いがいても全く気付かなさそうです。
そんな今回の展示で一番印象的だったのが、ギュスターヴ=アドルフ・モッサの「飽食のセイレーン」と「彼女」
「飽食のセイレーン」は、写真右下の半人半鳥の絵。
こちらの画家は恥ずかしながら初めて知りましたが、ハマる人には凄くツボにくる絵だと思います。
とにかく可愛いらしい女性を描かれる方なのですね。
そして童顔に反した豊満な肉体が何とも蠱惑的。
ロリータふうのお人形のような目がぱっちりの少女の顔をしていながら、しかし描かれているのは残酷極まりない光景。
「彼女」は特に、頭にカラスや頭蓋骨、股間に黒猫、そして悩ましげな豊満な裸体の下におびただしい数の血まみれの死体の山という強烈な絵です。
あまりの可愛いらしさと残虐さに目が離せなくなってしまいました。
この彼女のおっぱいがまた魅力的で、男性ならずとも思わず手を伸ばしたくなるいやらしさです(笑)
そして大作「レディ・ジェーン・グレイの処刑」(写真左下)は見る者を圧倒する迫力と美しさ、切なさ、悲しさ、無情さを感じずにはいられません。
キルケー(写真左上)も美しくも残酷で素敵。
他にも有名な「夢魔」や、ムンクの「マドンナ」などなど、名画が沢山でした。
うーん、是非ともまたもっと人が少ない時間にゆっくり見たいものです。


が、ローズベーカリーでは人気ということですが、確かに美味しそう♪
手前の円筒状のケーキです。
上の白い部分はクリームチーズ。
こちらもとても気になったのですが、シナモンがあまり得意ではない私にはちょっとだけ悩むところです。
ところで最近、WOWOWでちょいちょいいろいろなバンドのライヴを見ているのですが、BUCK-TICKファンは押し並べてお行儀が良いのかしらと思います。
勿論、熱狂的なファンもいるでしょうし、昔はもっと凄かったと思うのですが、年齢層が高いこともあるのか、割と落ち着いていますね。
決まった振りもたまにありますけど、V系のような複雑なものは無いですし、ヘドバンとかも無いですし、アラフォー、アラフィフに優しいバンドだと思います(笑)
スタンディングだとまた違いますけど、暗転した瞬間、キャー!よりも、おおっとどよめきつつ拍手と共によっこいしょとガタガタ立ち上がるあの感じが好きです(笑)
はあ、早くまたライヴに行きたいなあ。
アリーナとか武道館とかも良いですけど、個人的には何処からでもしっかり見られるホールが好きです。
今度のDAY INはホールは1ヶ所だけなのがちょっと残念。
まだチケットあるところに遠征しようかとも思ったのですが、さすがに当日中に帰って来られない距離はツラいなと断念しました。
10年前なら平気で夜行バスで帰ってそのまま出勤なんてこともやっていたのですけどね。
銀座でちょっと歩き過ぎただけで貧血起こすくらいなので、夜行バスなんか不安しかありません。
北海道や九州まで飛び回っていたあの頃の体力が欲しいです(笑)


ケーキが食べたいです。
ローズベーカリーのパウンドケーキをまた食べたい。
ヴィクトリアサンドケーキにオレンジのケーキ、そして林檎のジンジャーケーキ、眺めているだけで幸せになれそうなショーケースです。
カラフルなバタークリームのカップケーキなんかには全く惹かれないのですが、こういう茶色の地味なケーキには無性に惹かれてしまいます。
ピスタチオのパウンドケーキをまた食べたい♪


バハソウルが終わりましたね。
何でしょう、ラスト3話くらいのぐだぐだ感………。
賛否両論だとは思いますが、ムガロちゃんが刺された次の回までは悲しいけれど凄く良かったのに、そこからの展開が個人的にちょっともう……。
アザゼル、ムガロちゃん好きとしては20話で終わったようなものでしたが、それにしてもそんな最後かいとツッコまずにはいられない展開でした。
悪魔のアザゼルは何処かに行ってしまいました、って何だそれ。
ニーナとシャリオスがめでたしめでたしは仕方ないとしても、それにしても何だったのかしらと言いたくなってしまう終わり方。
バハムートもあっさりやられ過ぎですしね。
うーん、あれだけじっくり描いてきたのに最後の超特急感が本当に残念で仕方ないです。
神撃のバハムートなんですから、バハムートとの戦いがメインではなかったのかしら。
うーんうーん、本当に最後が残念。
言ってしまえばニーナとシャリオスのせいでいろいろな人が死んでいるのに、何だかんだで2人は幸せになりましたとさ、みたいな終わり方に全く納得出来ません。
あれだけシャリオス討伐を唱っていたのに、神も悪魔もみんなシャリオス許せてしまうものなのかしら?
まあ、人それぞれ感じ方は違うのでしょうけどね。
でももうちょっと最後は丁寧に描いて欲しかったなあと思います。
いろいろなキャラを描いてきた割に、最後がちょっと雑な感じが否めません。
そんな感想のバハソウルでした。
アザゼルとムガロちゃんには幸せになって欲しかったなあ。


ゼリィの鮮やかな緑が翡翠のようです。
器はロイヤルコペンハーゲン。
何とも贅沢な一品だからこそ、落ち着いた雰囲気で味わいたいものです。
そして今日、京都に行っていた同僚から中村藤吉の濃茶チョコレートをお土産に貰いました(笑)
銀座の中村藤吉に行くって言ったのに(笑)


お店が出ているので行ったのですが、お店に入ってあまりの騒々しさにビックリしました。
声が響きやすいのか、話し声がざわざわどころでは無い煩さで一瞬回れ右をしたくなったほど。
京都の宇治本店の雰囲気を知っていると尚更ビックリの騒々しさでした。
もう少し席の間隔も広くて静かだと良かったのですけど。
頂いたのは生茶ゼリィ。
さっぱりしたゼリィともちもち白玉、抹茶アイスに抹茶あん、栗、黒豆とたっぷり甘味揃い踏みです。
ここの白玉と黒豆は本当に美味しいと思います。


行って来ましたよ。
人は多かったですが、一時期よりはだいぶ落ち着いたのではないでしょうか。
銀座にしては若い人も多めでちょっと騒々しい感じでした。
一度行けば充分ですね。
基本的に銀座は庶民が行く街では無い(笑)


だいぶ溜まってきたもので、BUCK-TICKのチケットと会場で貰ったフライヤーをクリアファイルにまとめてみました。
ピクチャーチケットはやはり嬉しいですね。
眺めているだけで各ライヴの記憶が甦ります。
ライヴは先週のHIGHサイドでちょうど10回目でした。
今年はあと4回。
30周年のアラフィフバンドのライヴにこんなに行けるなんて凄いですよね。
現役バリバリで活動しているメンバーに本当に感謝です。
来年はアルバム発売にツアー。
次のツアーはもっと沢山行けると嬉しいです。
DAY INは近い場所が取れなかったのが本当に残念。
東京近郊の会場が増えることを願っています。
そう言えば昨日友人と話していて改めて衝撃を受けたのですが、都心から離れたJR沿線に住んでいると交通費がめちゃくちゃ高いですね。
友人が新宿に出るのに200円代と言っていてビックリ!
え、うち安くても600円以上かかりますけど?
お台場なんてゆりかもめ使ったら往復3000円近い金額でした……。
住むには良いですが、ライヴなんかで都心に出る機会が増えると交通費が本当にかかって大変です。
次はもう少し遠征範囲を拡げようかとも思っているのですが、ますます節約しないといけませんね。
でもやっぱりライヴが一番楽しいので沢山行きたいですしね。
ああ、それにしてもこの先は楽しみがいっぱいです。
BABEL発売にWOWOWでCLIMAX TOGETHER3とPARADEの放送、DAY INライヴ………忙しくて大変♪


忍者ブログ [PR]


Designed by A.com