忍者ブログ
QUELO
アトムツアーファイナルのブルーレイを見ました。
せっかく早く届いたのですが、なかなか時間が取れず昨日漸く。
ユニカビジョンも結局時間が合わなくて昨日も先週も見に行けず、ちょっと残念です。
毎時だと良かったのですが、2時間おきだとなかなか他の用事に合わせ難くて断念しました。
珍しく2週続けて都心に出ていたのに勿体無い。
いやいやそこはユニカメインで行きなさいよ。
愛が足りませんね(=_=)
そんなわけでアトム。
のっけから、フラスコの星野さんのブーツの踵で蹴る姿がめちゃくちゃカッコ良くてゾクゾクしました!
櫻井さんの今井さん指差しもタイミングバッチリでカッコ良い!
武道館のあの興奮が蘇ります!
が、とにかく後ろだった上に前がデカい人だらけで間から何とか見ていた状態だったもので、イマイチ自分が見に行ったライヴという実感が湧かないのがちょっと残念。
八王子とか神奈川の方が印象に残っているのですよね。
あ、マイファッキンの櫻井さんの太もも見せはしっかり覚えていますけど(笑)
めちゃくちゃ後ろでしたが、あの時はちょうど自分の席側だたのでスコーンと通路から良く見えたのです。
でも後ろは後ろですが、武道館はやはり後ろでも充分近いですよね。
そう言えば今回は珍しくMCも収録されていましたね。
酔いそうになりますが頭上からの映像も面白いですし、個人的にはなかなか良い編集になっていると思います。
星野さんのナポレオンジャケットの裾を翻す華麗なターンがステキです。
こうして改めて見ると、本当に、何とも、櫻井さんの衣装が残念でならない……ゲフゲフ(笑)
星野さんのようなセンスだったら良かったのですが、何故に豹柄シースルーにターバンにしてしまったのだろうか……(=_=)
SSLの時のような衣装でガーターベルトなら良かったのですが。
でも個人的に櫻井さんはノーブルな衣装の方が似合うと思います。
フロックコートにちょっとデコラティブなシャツ、シンプルなパンツに靴、そして黒マニキュアという感じが一番好きです。
個人的にターバンは特に全く惹かれないのでご遠慮願いたいのですが……。
まあ、そんなちょっと残念なセンスの櫻井さんがまた良いのですけどね(笑)
あと今回の櫻井さんは太もも見せ過ぎです(笑)
ロマンスは最高に素敵ですが、やはり神奈川くらいのちょい見せの方がドキドキしました。
はあ、それにしてもやはりライヴは良いですね(*´ω`*)
ブルーレイを見ているとついつい歌って踊ってしまいます。
クバリブレではついつい手拍子も。
早くまたライヴに行きたいです。
ところでこうして武道館を見ていると、FCライヴのあの近さが本当にキセキだったことを改めて実感します。
いい加減慣れてきたつもりですが、大きなハコのライヴを見るとBUCK-TICKってやっぱり改めて凄いバンドですね。


PR
ロングワイドパンツに胸元フリルのシャツを着ていたので、絢爛豪華な迎賓館を歩きながら思わず浸ってしまいました。
あそこはカジュアルな服装ではなく、ちょっとドレスアップした服装で行くと良いですね。
早めに入ったので人もあまり多くなく、1人で廊下や階段を歩くことも出来たので気持ちが良かったです。
夜間見学なんてことも出来たら素敵なのですけど。
しかし主庭が砂利を敷き詰めてあるので細いヒールは不向きと言うことで、歩きやすい太めのヒールのパンプスを履いていたのがちょっと残念。
真冬にロングコートとブーツで行きたいです。
そう言えば羽衣の間を見ていた際、近くにいたおっさんが「何か金ぴか過ぎて落ち着かないな。緑が見たくなる」と言っていたのが印象的でした。
西洋建築は大好きですけど、その気持ちは凄く分かります。
素敵ですがずっと住むとなったらちょっとツラいですね。
豪華な装飾もそうですが、広過ぎる空間も落ち着きません。
所詮、庶民ですから(笑)


シャンデリアが。
こんなバルコニーで月を眺めたりしたいです。


ライトアップもしているそうですね。
満月の晩に黒いドレスで馬蹄階段を降りてみたいです。


ドアや窓や、何もかもが本当に美しいです。
ちょっとアールヌーボー風の庇がまた美しくて素敵です。


興奮冷めやらぬ状態です。
以前に録画していたもしツアの迎賓館特集を見返して余韻に浸っていました。
こちらは主庭からの写真。
見事な噴水と、シンメトリーの美しい建物のバランスが本当に素晴らしい。
帰宅した途端に雷と雨になりましたが、見学していた時は見事な晴天で、建物がより一層美しく映っていました。


焼きそばも作れます。
ずっと気になっていた塩焼きそばです。
具材はキャベツ、人参、ブロッコリー、アスパラ、絹さや、ヤングコーン、そして海老。
大体具材が山盛りになるので、レシピ通りに作れた試しがありません(笑)
似たレシピを参考に様子を見て適当に作っていますが、失敗だ!ということは無いので大丈夫。
基本的に食べることが大好きなので、何となく本能で美味しいものが作れるタイプなのかと思います。
でも焼きそばはやはりフライパンで作る方が美味しいかな。
レンジは油を使わないので健康的ですが、本来の焼きそばとは違う感じです。
個人的には油っぽいものよりは蒸したようなレンジの焼きそばの方が好きですけどね。
ただちょっと物足りない感はあるので油を少し回した方が良いのかもしれません。
とりあえず3食入りの焼きそばなのであと2回食べないといけない為、次回は改善した焼きそば作りをしたいと思います。
1人暮らしだと食材を使い切るのが大変ですよね。
カレールウはまだあと5欠片………。


しっかり毎日自炊をしています。
毎日レンジ料理ですが(笑)
いえいえ、レンジ料理もなかなか奥が深く、何でも出来てしまうので寧ろどう作ってみようかと日々研究です。
写真のメニューは、加賀揚げと茄子とかぼちゃの煮浸し、ネギ入り炒り卵。
煮浸しはめんつゆに浸して加熱するだけという簡単さ。
でもめちゃくちゃ美味しいです。
めんつゆって凄い!
特につゆをたっぷり吸った練り物が美味しくて、昨日は野菜入りのさつま揚げと蓮根揚げを買ってまた煮浸しを作っていました。
青しそと白ごまをのせると更に美味しくなります。
甘めの味にご飯が進んで止まらない(笑)
スーパーでの買い物か楽しくなってしまい、いろいろな食材を買い込んでは毎日メニューのことばかりを考えています。
以前にも増して食べることばかり考えている日々です(笑)


迎賓館と言ったらこちらの門。
アイアンが好きなのでこの手の門に弱いです。
黒だと更に堪らないのですが、迎賓館は華やかな白と金でした。
青空に映えて美しいです。
四ッ谷駅から歩いて迎賓館のこの門が見えて来ると、何とも言えない気分になりました。
写真は内側の前庭からですが、外には警察官と係員が沢山立っていて物々しく、改めて国の重要な施設なのだなと実感します。
本館を見学する人はこちらではなく、学習院側の西門から入場。
こちらでも沢山の警察官と係員がいて、手荷物のエックス線検査と金属探知機を通って漸く入場券を購入という流れ。
空港のような厳重さですが、皆さんにこやかで親切なので怖さはあまりありません。
が、何をしたわけではなくても制服警察官が沢山いる場というのは妙な緊張を感じずにはいられません。
笑顔でも警察官はちょっと緊張しますよね。
いや、本当に何もしていないですけどね(笑)


赤坂迎賓館に行って来ました。
以前は抽選に外れてしまったのですが、通念一般公開が始まったということで申し込んでみたところ当選。
1人でふらふらと行って来たのですが、迎賓館内部のあまりの美しさに感極まって涙ぐんでいる自分がちょっと気持ち悪かったです(笑)
いえいえ、本当に感動するくらい素晴らしい建築でした。
考えてみたら西洋建築が大好きな割にあまり見たことが無かったのですよね。
横浜の洋館や美術館程度。
赤坂迎賓館はやはり格が違いました。
日本が誇る唯一のネオバロック洋式の西洋風宮殿建築。
まずそのスケールに驚き、そして内部の華やかな装飾の美しさに感動。
圧倒的な美しさの装飾は勿論ですが、やはり現在も使用されている建築ですから隅々まで掃除や手入れが行き届いていて本当に綺麗なのです。
そしてこういった場所ですから他の方々のマナーも良く、とても静かに、実に気持ち良く見学が出来ました。
内部の写真撮影は出来ないので、これでもかと言うくらいにじっくり見て目に焼き付けて来ました。
正面玄関や中央階段なども勿論美しいのですが、何より感動したのが花鳥の間。
落ち着いたシックな木の壁に、金と黒の装飾の数々。
そして豪華で見事なシャンデリア。
部屋に入った瞬間、あまりの美しさに感極まって、ぶわっと涙が出て1人で感動に震えていました(笑)
美しいのは勿論ですが、自分の好みのツボにハマり過ぎていたというのもあったのですけどね。
本当に素晴らしい体験でした。
因みに行きも帰りも13階は月光を聴きながら。
ゴシック建築では無いですが、気分が上がりました♪


忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
梶井まき
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索