忍者ブログ
QUELO
残る演技とはまさに。
オリンピックが始まってフィギュアも盛り上がっていますが、フィギュアと言うと必ず思い出す長野オリンピックのキャンデロロの三銃士を見ていました。
オリンピックシーズンになると見たくなるというコメントがありますが、まさにそう。
オリンピック→フィギュア→キャンデロロor高橋大輔の流れは多分この先も変わらない気がします。
長野のキャンデロロの三銃士は何度見ても圧巻。
20年前でも未だに鮮明に記憶しています。
エキシビションかと思っていましたが、公式の競技であれをやったのだから本当に凄いです。
剣を持っていたように記憶してしまうくらいの見事な演技。
技術じゃないですよね。
あそこまで人を魅了して、記憶に残る演技が出来る選手というのはそうそういないと思います。
飄々とした仕種や茶目っ気のある伊達男っぷり。
まるで映画の中に出てくる登場人物のようで、とにかく格好良くて素敵。
三銃士の演技はエキシビションでもやっていますが、やはりフリーのあの時の演技が最高です。
色もの過ぎて好きではないという人もいると思いますし、ジャンプなんかを見ても多分そんなに技術力が高い選手ではないですよね(そうは言ってもメダリストですから基本的な技術力は勿論あると思いますが)
でもどんなに高得点を取って技術力が高い選手でも、こんなに記憶に残って20年経っても何度でも見たくなる演技が出来るかどうかはまた別だと思います。
こんなことを言ったらファンに刺されそうですけど、ロシアの皇帝と言われたあの選手の演技は実は全く記憶にも心にも残っていないのです。
その皇帝に憧れていたという今の王子様も同じく。
何でしょう、完璧過ぎてつまらないし、自信がありすぎて魅力が無い………本当にファンに殺されそうですね(笑)
単純に好みでは無いというだけかもしれないですけど。
熱狂的なファンでは無いですが、小学生の頃からシーズンが始まると決まって必ず見ていた一般人としての感想です(最近はあまり惹かれる選手がいないので見ていませんが……)
勿論、完璧な演技こそ素晴らしいと思う人もいるでしょうし、こういうのは人それぞれですからあくまでも個人的な好みですけどね。
ただそれでも、キャンデロロのあの魅力は練習して技術力でどうにかなるものではないですし、天性の魅力には誰も敵わないなと思います。
会場中を沸かせて、解説者さえも思わず笑ってしまう魅力。
長野の三銃士の動画を見ると、歓声の凄さにその人気の高さが窺えます。
女性は勿論、男性にも憎めない感じで人気がありそうですよね。
FRESH&BLOODのアロンソがこんな感じかなと思います(笑)
そして高橋大輔と言えば、ソチのエキシビションのブエノスアイレスの春。
これも初めて見た時に心を鷲掴みにされました。
この人が日本の男子フィギュア人気に火をつけた立役者ですよね。
競技の演技も良かったですが、何よりこのエキシビションの演技が最高。
キャンデロロもそうですけど、同じ曲の演技でも1回1回違いますから、この時のこれ!とズバリで記憶に残っているのがソチのエキシビションです。
高橋はとにかく色気のある妖艶な演技が魅力的。
ダンスをするように滑らかな表現で叙情的な演技というのでしょうか。
そして高橋と言えば何と言ってもステップ!
解説者が思わず「上手い」と唸ってしまうくらいに見事で華麗なステップは、思わず見入ってしまうほどです。
キャンデロロのステップも最高に格好良いのですが、解説者曰く「たいして難しいことをやっていない」そうなのでこちらはまた別の魅力(笑)
高橋のステップは技術力も非常に高いと評価されていますからね。
と、そんなこんなで2人の動画(三銃士とブエノスアイレスのみ)をしつこく何度も見ていました。
本当に素敵な演技だったなあと心の底から思います。
この感動と衝撃を超える選手には未だ出逢えていません。
と、いうのを多分前にも何度も書いている気がします(笑)
いや、この2人、特にキャンデロロの三銃士は本当に凄いですよ。
今見ても歓声がとにかく物凄い!
まさに最高のエンターテイナーです。
技術がどうとか4回転がどうとか点数がどうとか順位がどうとかとにかく一切関係ない。
人を魅了する演技とはこうなんだと知らしめる演技だと思います。
そして何よりあの出で立ちが最高に格好良い。
筋肉で厚みのある体、ワイルドな髭、結わいた長い髪。
意外にも身長は170センチと低めで驚きました。
180センチくらいありそうな大柄な選手かと思っていましたが、スタイルが良いのでしょうね。
単純に個人的な好みになりますが、薄っぺらくて細い若造なんて目じゃないくらいの男っぷりが堪りません(笑)


PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com