忍者ブログ
QUELO
(*ネタバレ多少あり)


BUCK-TICKツアーNo.0、八王子オリンパスホール、行って来ました!
やはりライヴは良いですね♪
今日も盛り上がりました!
いやー、カッコ良かったです!
アルバムの世界観がぎゅっと凝縮されたようなステージでした。
特にノスタルジアやIGNITERの演出が最高!
ノスタルジアは本当に良かったです。
光の帝国やOpheliaも素敵でした。
Opheliaはミレーの絵が映像で流れてちょっとビックリ。
個人的にこの世で一番好きな絵画と言っても過言ではない唯一無二の1枚なのでとても嬉しかったです。
絵なのに水が流れているかのような映像になっていて、切ないまでの美しさでした。
そして光の帝国だったと思いますが、スパークしているような光の演出が最高にカッコ良かったです。
IGNITERの炎も最高!
やはり生は良いですね。
櫻井さんの歌声ものびやかに拡がっていて、聴いていて本当に気持ちが良かったです。
オリンパスホールは割と新しいホールだからか、なかなか音響が良いと思います。
3階だとさすがにちょっとイマイチな感じもしますが、でも3階にしては良い音でした。
座席もとても綺麗ですしね。
はあ、それにしてもカッコ良かった(*´ω`*)
今回は世界観がまとまっているせいか、MCも無くて最後まで一気に進行。
櫻井さんのゆるいMCが無いのはちょっと寂しいですが、意外なラストのSolarisがアルバムの雰囲気にとても合っていて、優しいメロディに何とも言えない多幸感に浸って終わりました。
New Worldの明るい未来を感じながらのラストもとても好きですが、今回は余韻が残るライヴですね。
ただ全体的にちょっと重い感じ。
アルバムで聴くとそこまででは無いですが、ライヴになると結構重くて暗い感じでした。
間に入る過去曲も楽園がきましたしね。
個人的にコーラン入りの楽園しか知らなかったのでちょっと新鮮でした。
アイコノ、メランコリアは合うけどちょっとライヴで多いなという印象。
雰囲気的にDADA DISCOとか、或アナかSSLあたりの曲がくるかなと思っていたのですけどね。
嬉しいROMANCEでは歌詞を忘れるアクシデントが。
全体的に重い感じの中、一番盛り上がったのはGUSTAVEでしょうか。
櫻井さんの全力ニャンコに、みんなノリノリでCAT CAT CAT(笑)
しかし私は羞恥心が捨てられず、さすがににゃんにゃんポーズは出来ませんでした(笑)
あの曲、最終的にはやはりにゃんにゃんポーズが定番になっていくのかしら……普通の腕振りではダメですか(笑)
そんなこんなで感想はまた今度。
いやー、楽しいライヴでした。
これからどんどん進化していくのが楽しみです。
帰りに後ろにいた男性2人が久しぶりにBUCK-TICKのライヴに来たらしく「格好だけじゃなくて、音も若かったな」「打ち込みっぽいの多いし、音が新しいよな」と話していたのが印象的でした。
若い子のファンも多いですよね。
アトムの時は初日でさえチケット完売していなかったのに、今回は市川でさえ取れないくらいですから、新しいファンも増えているのだろうなと思います。
改めて、BUCK-TICK凄いなあ、BUCK-TICK好きだなあと思ったライヴでした。
そしてとりあえず、ライヴまでにギックリ腰が治って良かったです(笑)

写真はどうせ撮るならもっと綺麗なポスターがあっただろうとツッコミたくなる1枚(笑)
帰ってから見て、何だこのしわくちゃはとビックリしました(笑)


PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com