忍者ブログ
QUELO
BUCK-TICKドキュメンタリー映画、CLIMAX TOGETHERを見て来ました。
大体想像通りでしたが、でも思っていたより良かったです。
いや、これはちょっと失礼な言い方ですね。
何と言うか、BUCK-TICK現象は裏側がいろいろ見られましたけど、こちらはその名の通り過去3回のCLIMAX TOGETHERのライヴ映像中心なので大体想像通り、という感じです。
でも個人的には好きです。
変にいろいろ入れるよりシンプルで良いなと思います。
2016年は映像では見ていないので嬉しかったですし、知っている映像も映画館の大きなスクリーンで見て大音量で聴くのは新鮮です。
家では割と控え目な音で聴いているもので、聴こえなかった歓声とか音が聴こえたり、何より迫力があります。
無性にライヴに行きたくなりました。
歌いたい、動きたい!
やっぱりライヴは良いですね。
改めてBUCK-TICKが好きだなあと思いました。
昔からのファンの方は尚更そう思える映画だったのではないかと思います。
個人的にはやはり自分もその場にいた2016年が印象深かったです。
そしてNEW WORLDはもう私の中の涙腺崩壊曲(笑)
ちょっと大袈裟ですが、人生において2番目くらいに精神的に参っていた神奈川ライヴの時に聴いて泣いて以来、やたら涙腺が緩くなる曲です。
あの明るくて前向き過ぎる感じが泣けます(笑)
そんなわけでNEW WORLDでちょっと泣いていました(笑)
うわあ、凄い!いいっ!と言う感じではありませんが、うん、良いな、やっぱり好きだな、とそう思える映画でした。
普通のお値段だったらもう1回くらい行きたかったのですが、デイインのチケット代も必要になるので2回目はちょっと無理かな。
それにしても今日は自分でもビックリするくらい出ずっぱりの1日でした。
1人で6時半から17時過ぎまで出ていたなんて凄いです。
1ヶ月も電車乗らなかったくせに(笑)
21000歩も歩いていました。
今まで何となく行く機会の無かった新宿御苑や花園神社に行って、タカノで美味しいご飯とスイーツを食べて、BUCK-TICK映画を見て、ちょいちょいお買い物もして、さすがに疲れましたけど楽しい1日でした。
帰ってからはCLIMAX TOGETHERを見ています。
でもやっぱり映画館のスクリーンの方が迫力があって良いですね。
うーん、早くライヴに行きたいです!
ところでうたプリSSSライヴ会場のシャンデリアを見ると悪魔とフロイトのシャンデリアを思い浮かべてしまいます。
そんな悪魔とフロイトは明日見ることにしましょう。
1992年のCLIMAX TOGETHERを改めて通しで見ていましたが、この時の今井さんは剥きたてのツヤツヤ茹で玉子みたいですね(笑)
白いウィンドブレーカーを着てフード被った姿がてるてる坊主みたいで可愛いです(笑)
金髪のオールバックで赤い口紅を塗っているので、ノーブルな制服着てリボンタイとかしたらパブリックスクールとかにいそうですよ。
それにしてもこれを見ていると、櫻井さんは本当に今井さんが好きなのね、と言いたくなります(笑)
いや、大概何を見てもそんな感じですが(笑)


PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com